2011年01月03日

序:戦国の姫

戦国の世の女に生まれるなんて、なんて割りに合わないんだろう。私はずっとそう思って生きてきた。弱小大名の家の女子として生まれたからには、己の意志も心も捨てて、男のために他家へ嫁ぐ。女は手駒。私もいずれそういう運命にあるのか、、そう思うと悲しかった。

だからといって、男に生まれればよかったか。それも違う。戦に明け暮れ、人を謀(たばか)り、己の保身を考える。食うか、食われるか。戦国の男はそれだけだ。


そう大きな家でもないのに、織田は血で血を洗う同族争いに明け暮れている。そして小さいが故の下克上の抗争にも。兄は弟を殺(あや)めて自分の身を守り、父は主君の人の良さにつけこんで謀殺して尾張を得た。父を労(いと)うために呼んでくれた主君の城中に病を偽って居座り、自分の家臣を呼び込んで主君を殺めてしまったのだ。主君に一体何の罪があったというのか。

でも。

明日は皆わが身なのだ。今そこで「殿」と傅(かしず)き諂(へつら)いながら忠節を繕(つくろ)っている男が、その次の瞬間、刃(やいば)を喉元に突きつけてくるかもしれぬ。一刻先には隣国が、同盟国を破って攻め込んでくるやもしれぬ。今は静かに城中で朝餉(あさげ)の刻を迎えていても、今宵この城は炎に包まれ、一族郎党自害して果てねばならぬかもしれぬのだ。

たとえ夫婦の寝屋であっても油断はできぬ。貞淑な妻が気を許したそのときに刃を向けて来るやもしれぬ。誰も信じることなく、誰に頼ることなく生きる。それがこの戦国の世なのだ。


兄信長も謀(はかりごと)で今川義元を殺め、世間に名を知らしめた。影で糸を引いているのが木下だということを私は知っている。降伏すると見せかけてまんまと敵を桶狭間におびき寄せ、兄は敵に紛れ今川本陣に忍び込み、風雨の混乱に乗じて今川を叩いた。義元さえいなくなれば、今川は烏合の衆と化す。兄はそれを読んでいた。

posted by 臥待月 at 20:26 | TrackBack(0) | 市の巻 明日紡ぐ者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック